トヨタ ハイエースバン

トヨタ ハイエースバン
出典:http://toyota.jp/hiacevan/

トヨタのハイエースバンはバンドの機材を運ぶ車における定番中の定番です。
車として燃費が良く、また乗り心地も優れている点が魅力的だといえます。
車内は広々として空間に無駄がない上に、大容量で自由に荷物を積み込めるのが特徴的です。

ギターやベースなどの楽器だけでなく、アンプやケーブルなども無理なく積み込めるでしょう。
人が次々に乗り込んでもまだ余裕がありますから、急に運ぶ機材が増えてしまっても安心です。
目立ち過ぎずかといって地味でもないデザイン性も優れますし、走行中の前方の安全を守る機能も要注目です。
トヨタセーフティセンスPは、衝突回避支援パッケージの名称で3つの先進機能を搭載しています。

ハイエースバンはカメラで前方の歩行者、あるいは車を認識して衝突回避支援機能を発揮します。
衝突を防ぐ自動ブレーキは、急な歩行者の飛び出しや車の接近による事故を減らしてくれます。
レーンディパーチャーアラートは車線はみ出し時に警報を行う、安全な走行が行えているかどうかを教えてくれる機能です。

車線のはみ出しは事故のリスクを高めますし、安定した走行の実現を遠ざけるので、大切な楽器を運ぶ際にも重要なポイントです。
衝突の発生は論外ですが、急ブレーキや蛇行運転を行うだけでも、機材の落下や破損を誘発させてしまいます。
高価な物も例外ではありませんから、車は快適に運び出せる点に加えて、安心して乗せられる安全性能も求められます。

その点ハイエースバンはドライバーに優しい機能が満載で、安定性の高い運転を実現することができます。
バンドメンバーにもメンバーが使う機材にも、自信を持っておすすめできる車種だといえるでしょう。
フロアは低重心かつフラットで、出っ張りが殆どなく快適に積み込みが行えます。
標準仕様の他にも、幅広で快適に使えるワイドタイプや、縦長の楽器も倒さずに積み込めるハイルーフタイプもあります。
スーパーロングバンはハイスペック仕様で、空間に一切の妥協がない使用感が得られます。

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード
出典:http://toyota.jp/alphard/

トヨタアルファードは同乗者の快適性を重視したタイプの車で、一般的にLLクラスに該当する大型のミニバンです。

ミニバンとはいっても高級乗用車に該当しますから、何処を取っても高い満足感を感じることができます。
シートや外観に拘って作られていますが、荷物スペースも目立たないだけで実は実用性が重視されています。
同乗者の人数を重視する場合は、シートを後ろまで下げで居住スペースを確保することが可能です。

しかし積み込む荷物が増えてしまった時は、シートをスライドさせて大きく空間を確保できるので便利です。
最大積載モード時は、自転車2台を余裕を持って積み込めますから、バンドメンバーの楽器も当然無理なく運べます。

自転車の場合も左右や間にはまだ隙間があるので、機材ともなれば更に積み込める数が増えるでしょう。
箱に入れて積み重ねたり、立て掛けるようにする工夫を行い次第、もっと快適な機材運びが実現するのもアルファードの魅力です。

特徴的な外観に目を奪われるだとか、内装や所有の満足感ばかりが注目されますが、荷物スペースに関しては質実剛健です。

同乗者や荷物と相談してスペースを変化させられるので、どちらも不満のない理想的な移動が実現します。
運べる機材は人数的に3人分プラスアルファといった所ですから、標準的なメンバー構成のバンドにおすすめです。
レコーディング時にスタジオで楽器を借りるなど工夫すれば、機材を減らして必要な物だけが運搬できます。
そうすれば運搬の無理はなくなりますし、3人以上のメンバーのバンドでも、アルファードの選択で問題なく利用できるようになります。

使用者の工夫が問われる車ですが、上手く活用すれば期待に応えてくれる、そういった乗りこなしがいのある車種です。

見た目や居住スペースなどはやんちゃなイメージで、荷物スペースは真面目というギャップが備わります。
そのような魅力ある車ですから、実用性を重視しながらも楽しい移動を実現したい、アルファードはそう希望する人におすすめ度が高い選択肢です。

日産 e-NV200

日産 e-NV200
出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/env200.html

この車種は日産が誇る電気自動車で、先進性と実用性を兼ね備えた魅力的な車です。
電気自動車なので振動はありませんから、振動の影響を受ける繊細な機材も安全に運搬可能となります。
機材は大抵の場合ケースに入れて運びますが、急いでいる時などはそのまま積み込むこともあります。

裸状態だと振動や衝撃に弱いので、一般的なガソリン車だと傷みや故障などが心配になるものです。
比較的新しい物は心配ないでしょうが、ビンテージ物だと急なトラブルの発生が懸念事項になります。

電気自動車はエンジンを使用しませんから、振動の心配は一切なく、音も静かで気持ち良く乗ることができます。
音の静けさは騒音に曝されるバンドメンバーにとって、ストレスから解放されるやすらぎのひと時に変わります。
一方では大切な耳も休ませられるので、本番に備えしっかりと休んで体調を整えられる、そんな休憩場所にもなるでしょう。

人にも物にも優しいこの電気自動車は、コンパクトながらも荷物スペースがあるので実用性は高めです。
野外ライブ用の機材を全て運ぶのは難しいですが、演奏に必要な一通りを乗せる位なら十分です。
電気自動車ということもあって、使い勝手はガソリン車とは随分違うものの、慣れればもう戻れないという快適性が実感できます。

デザイン的にはスッキリとしたコンパクトで、小回りも良く乗りこなしが難しくない印象です。
駐車スペースの制限も受けにくくいので、地方から呼ばれるバンドであっても無理なく運転、そして駐車も行えるでしょう。

街中でも小回りの利くコンパクト性が活きますし、違和感のない外観で街の風景に溶け込みます。
実用面は十分で妥協点も殆どありませんから、後は電気自動車に納得するか否かが、選択における大きなポイントとなります。

モデルによっては横開きドアタイプもあるので、荷物の積み下ろしの際の使いやすさで選べるのも利点です。
コンパクトな移動拠点または休憩も可能な楽屋代わりにもなりますから、機材を運ぶバンドに向いています。

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ
出典:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スバルレヴォーグはステーションワゴンで、スマートなデザインとカラーリングが特徴です。
見た目は洗練されていて小さく見えますが、実際は乗る人に余裕があって荷物も楽々と積み込めます。
荷物スペースの幅は1メートル超で、大人が軽く足を曲げて横に寝そべることのできる広さです。

車高は低めなので上方向に余裕がない代わりに、広々としたフロアの安定感が目を引きます。
奥行きも2メートル近い空間が確保できますから、ギターなどの長物を倒して置いてもまだ余裕があります。
これだけの広さがあればキーボードも無理なく積み込めますし、レコーディング機材を追加するのも簡単です。

その分同乗スペースは限られますが、5人位なら難なく乗れたり、機材も無理に詰め込み過ぎずに運べるでしょう。
走りの良さも特筆ものですから、機材が積み込めてもスピードはでない、といったような心配はありません。
むしろこれだけの人数や機材を乗せても良い走りができる、それがレヴォーグにあてはまる期待感です。
スタイリッシュさが売りの車種なので、荷物スペースの余裕には気が付かない、そんな感想を抱かれるのが短所です。

所が逆に見えない部分の特徴にも気が付けば、短所も魅力に変わってメリットに変貌を遂げます。
実際に荷物を積み込んでみると、スペースの広さや凄さに驚きますから、外観からは想像できないのも納得です。
反対に乗ってみてから実力が分かる、真価を秘めた車種の一つだと評価することができます。
デザインと実用性のバランスはスバルらしく、誰もが納得できる仕上がりになっています。

価格も手頃で無理がありませんから、予算の少ないバンドでも手が届くでしょう。
予算に不安がない人も、スバルレヴォーグを選んで余った分を楽器などに充てるといったことができます。
費用対効果の面でも優れているので、初めてバンドの移動用に選ぶ車としておすすめに値する一台です。
走行安全性も抜かりはありませんから、安心して移動の足とすることができるでしょう。

マツダ アテンザワゴン

マツダ アテンザワゴン
出典:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/

マツダアテンザワゴンも無駄のない外観が印象的で、メーカーにおけるフラグシップに位置付けられます。
横姿は無難に収まっているかと思いきや、フロントグリルには存在感があります。

活発な印象が与えられるので、若い人もそうでない人も無理なく楽しく乗ることができます。
安全性能はセーフティサポートカーSの基準において、フルサポートに相当する全グレードを備えます。

どのような状況でも快適にドライブが楽しめますから、仕事もプライベートの移動も充実したものとなるでしょう。
インテリア面では、マツダ代々のフラグシップから受け継がれたものを更に磨き、洗練さを際立たせています。

最高級グレードの内装が施されているので、乗り込むだけでも満足感が高く、走る楽しさも再確認させてくれます。

肝心の荷物空間は奥行きが深く、長物でなければ無理なく積み込めるといったスペースです。
箱物でもソフトケース入りでも、種類ごとに揃えて持ち運びできる余裕の広さがあります。

後箱一つ分の荷物を積み込みたい、そういった状況が発生しても対応できる可能性は大です。
ペットを乗せたり陸路の旅行にも使えるほどですから、マツダアテンザワゴンは機材運びにおいても、バンドの心強い味方となるでしょう。

長距離の移動も余裕ですし、近場に出向いて演奏終了後速やかに撤収する、そのような利用シーンも想定して使えます。
マツダアテンザワゴンは環境性能も優れていますから、燃費の良さを求める場合は勿論、空気を汚したくない人にもおすすめできます。

環境を考えれば公共交通機関の方が有利ですが、利便性や小回りに関しては、車の方が圧倒的に優位性が上です。
ワゴンタイプは車種の選択肢が充実しているので、バンドメンバーの機材を運びたい場合にも、バランスの良い最適な手段となり得ます。

高性能なので価格は誰もが気になる要点ですが、比較しながら見ると思いの外手頃な価格に留まっています。
既に乗り始めている人の間では、費用対効果とバランス面で高い評価を獲得しているので、人気の高さに説得力があります。