Tempalay

近年有名になっているインディーズの一つに、東京を中心に活躍しているTempalayがあります。このバンドは、ボーカルが小原綾斗、ベースが竹内祐也そしてドラムに藤本夏樹で構成されています。昔から日本のバンドでは3人1組で結成されることが多くなっていますが、Tempalayもまた例外ではありません。ロックバンドグループとして活躍しており、ライブをする場面だけはサポートメンバーにAAAMYYYが参加しています。このとこが、結果的にグループの良い味付けになっておりおすすめです。

このグループは、結成からなんとたった1年目でFUJI ROCK FESTIVAL ’15「ROOKIE A GO-GO」に出場することができました。それだけ、グループのレベルが高かったことがよくわかります。バンドの方向性としては、日本固有の感じではなくどちらかといえばアメリカ西海岸の影響を感じさせるのが特徴で、それを肌で感じ取り熱中する人が後を絶ちません。2015年9月には、『Instant Hawaii』があっという間に完売してしまいました。続いて2016年1月には、ファーストアルバムの『from JAPAN』をリリースすることになります、活躍の場は日本だけでなく、アメリカにも積極的に移動して活躍をしているのがポイントでしょう。アメリカでは、全米ツアーを行うなどして活動の場を広めており、その成果の一つとして発売されたのが2017年2月の『5曲』でした。

2017年5月になると、熱い音楽を体感できる「革命前夜」をリリースしています。このように破竹の勢いで活動しているTempalayですが、2017年に開催されたFUJI ROCK FESTIVAL’17では、メンバーの小原があろうことか興奮しすぎて右指を骨折してしまうハプニングもありました。この時は緊急的にほかの仲間のギタリスト達が集結したエピソードがあり、ほかの仲間とのきずなの強さも証明された出来事となりました。

PAELLAS

おすすめのインディーズには、ミニアルバム『D.R.E.A.M.』をリリースしたPAELLASもいます。PAELLASは、ミュージックビデオを公開しており、その中に収録されている『Shooting Star』は、なんとインディーズでありながら3日でおよそ10万再生された記録を持っているのが特徴です。

この音楽の魅力は、どこか洗練されたような都会のにおいを感じることができ、刺激的なサウンドとしても仕上がっています。結果的にこの方向性はヒットし、多くのファン達の心をつかむことができました。これらの曲は、一定のファンからはシティ・ポップといわれており、都会の洗練された印象だけでなく、その一方で往年のソウルミュージックの一面を見せることができています。どこか新しい音楽の中に懐かしさもあるため、二つの味を同時に楽しめることができる点が最大の魅力といえるでしょう。

これらのアルバムの曲に関して、ボーカルのMATTONはSNS第1世代と呼んでいます。なぜそのように呼ぶかといえば、2010年以降のアメリカやイギリスで流行しているバンドグループの音楽がSNSの中で発信されていて、それと同時に自分たちの音楽を発信していったからです。

インディーズバンドといえば、かつては自分たちで運転した車で武道館をめざす典型的な一面がありましたが、そのかたちも徐々に変わりつつあります。単に一つの国に縛られるのではなく、日本を超えて海外に音楽を持ち込むことで様々な国々の人に影響を与えることに成功しているわけです。
「声も楽器の一種だと考えている」と語るMATTONは、ボーカルの声と楽器をきれいに反響させることで一つの音楽を奏でる事に成功しています。楽曲の洗練度からはなかなか想像しにくいことですが、音楽を生み出す現場においてはそれぞれのメンバーがお互いに意見をぶつけ合っているのが特徴です。その結果、それぞれのメンバーが納得する形で楽曲をより洗練したものにすることができています。

Klan Aileen

近年おすすめのインディーズバンドの一つには、2012年にデビューしたKlan Aileenがあります。デビュー時は現在の状況とは大きく異なることが一つあり、それはほんのわずかな数のライブしか行わなかったことです。数が少なかった割には、そこに参加したファンたちの耳や目に深く印象づけて、とりこにしています。お客さんの衝撃は非常に強く、その美しい音源と迫力のあるスタイルが大きな話題となり、インディーズバンドでありながら徐々にその名を広めていくことになりました。

最初から快進撃が続いたKlan Aileenですが、常に順調に行ったわけではありません。最初に参加したメンバーが、途中で脱退するようなこともありました。このようなことは音楽活動しているとよくありがちですが、何もほかのグループと違いがあったわけではありません。ですが、ほかのグループには生み出せないような独創的な発想があったことから、頭一つ抜けて人気が出だしたわけです。

2014年末になってからはメンバーの数を減らし、ダウンサイジングすることに成功しています。これが吉と出るか凶と出るかは当時わかりませんでしたが、ドラムとギターの2人だけで再始動することになり、結果的に人気が出る形になりました。

ライブ活動にも特徴があり、レコーディング音源を聞かせるような非常にレベルの高い音楽を奏でており、多くのお客さんがファンになるのも納得できるところでしょう。

いつしかKlan Aileenは、Jロックからは百万光年も距離があるグループなどと呼ばれるようになり、今までグループの存在を知らなかった人からも脚光を浴びるようになります。独特なサウンドを生み出しており、それでいながら特徴的なライブを行うことから、先輩バンドや音楽評論家からも絶賛の声が浴びせられています。ここからわかることは、実際に二人の年齢とは別に音楽好きの30代から50代までを唸らせるだけの実力を持っていることです。

ナツノムジナ

2018年のおすすめインディーズバンドの一つは、南国の匂いのするグループになります。今まで日本で有名になった音楽グループの中では独創的な演奏している沖縄出身のグループで、インディーズとして活動し始めてからは東京にすみかを移しています。メンバーは4人組で、近年では珍しい人数となっているのも特徴といえるでしょう。
このグループこそ「ナツノムジナ」と呼ばれている人たちで、ファーストアルバム『淼のすみか』は独特の音源があり、多くの人の耳に残ることになりました。

彼らの中学時代はピンクフロイドのバンドをコピーして美しい演奏を奏でており、高校で音楽活動するころには、地元沖縄でひそかに有名になっていたことは言うまでもありません。実際に沖縄ではbloodthirsty butchersのオープニングアクトとしても活躍し、知る人ぞ知るグループでした。

このように、早熟なイメージがあり順調に活動してきたKlan Aileenでしたが、途中で困難な道を歩くこともありました。音楽活動が明確にならず方向性を失っていたときもあり、なかなか一つのバンドとして実を結ぶまでに時間がかかったのも事実です。実際に、フルアルバムが発売されることになった2017年9月までは、紆余曲折の毎日だったと本人たちは述べています。それこそ水面下で動いており、第3者にはその苦労を感じることはなかなかりませんでしたが、逆にその紆余曲折が幸運にもバンドの良い味になっています。

新しく出たアルバムでは、沖縄特有の濃密な夏を感じることができ、その一方で美しい沖縄の海を一匹の若い水鳥が飛び立っていくような感傷的な部分も同居しているのが魅力です。発売された『淼のすみか』は、今までの活動の集大成とも言える仕上がりになっています。質の高い音楽と彼らの情熱的な活動を連想させるような熱い演奏が一つのアルバムの中に集約されており、間違いなく今後の流れを占う1枚となることが想像できるでしょう。

RIF

日本には様々なインディーズバンドがありますが、そのうち二人組で形成されているグループがRIFになります。ボーカルのKAIとギターのJustinが美しい独創的な音楽を奏でており、それに聞きほれたファンたちは決して少なくありません。

実はこの二人に対する情報は、それほどありません。わかっていることは、男性2人組なことです。ですが、少しずつ人気が出るにつれて全容が明らかになってきており、例えばオフィシャルサイトを作成することで表面的なことがわかってきました。YouTubeのオフィシャルチャンネルを持っていることから、視聴者としては気軽に音楽を聴くことができそのよさを体感することになるためおすすめです。またインターネットでは、Facebookも開設しており、二人のプライベートな部分や音楽活動の一面を垣間見ることができます。

ボーカルを務めているKAIさんは、実は音楽活動だけでなく映像系のクリエイターのプロフェッショナルとして知られています。このことから、自分たちのミュージックビデオを一人で手掛けているのもポイントになります。このようなバンドは非常に少ないですが、自分たちで手掛けるメリットは第3者に作ってもらうよりもその良さをより引き出すことができる点です。これにより、自分たちが本当に伝えたかったことを、聴衆に伝えることができ耳だけでなく目でも感性を刺激することができます。

2012年にはRIF FACTORYを設立し、紆余曲折を経ながら2015年に本格的な活動を行います。スロースターターですがその年の2月にはファーストシングル「あいまいなまま」を発売することになりました。それから1年半以上経過した2016年11月には、セカンドシングル「つよく」を発売し、徐々にその名前をこの世に知らしめていくことになります。ただうるさいだけの音楽ではなく、聴きやすさを考えシンプルに作成しているのが特徴で、このような音楽を作成することができるのは抜群のセンスがあるからと言えるでしょう。